Two

pale×nhomme×冬蟲夏草×明日の叙景 pale×nhomme×冬蟲夏草×明日の叙景

現場の熱、口コミで広がる価値、そこに行かないと見られない景色。ライヴハウスに生きる人々からはこのような意味の言葉がときおり発せられる。その中には自分たちが夢中になって聴いていたミュージシャンもいる。これまで大切にされてきた価値観。そしてこれからも…。

しかし、ライヴハウス限定販売や撮影禁止など、そこに行かないと得られない価値があるということは、住んでいる場所が違ったり、金銭的に問題を抱えていたりする人がコンテンツを得られない、あるいは得るために多くの時間、お金、手間をかけなくてはいけないということにつながる。

時代の変化に伴い、現代では映像や音楽へのアクセスが容易になってきている。YouTubeやストリーミング配信をはじめ、身近に音楽に触れられる環境が整ってきた。果たしてその流れに抗うことがパンクなのであろうか。

様々な制約を無くして自分たちの音をより多くの人に、なるべく公平に届けること。それこそが今の時代におけるパンクではないのか。

ここに『デジタルはパンク』の精神の下、Pale、nhomme、冬蟲夏草、明日の叙景の4バンドが集い、現代の技術やサービスを用いて、多くの人々に自分たちのエクストリームミュージックを届けるべく、4way Split "Two"を完成させた。

  1. Dakhme
    Pale
  2. 淋檎の謳
    nhomme
  3. 玩弄物
    冬蟲夏草
  4. 冷たい傍ら
    明日の叙景

2019.11.1 Release

CD

¥1,000(tax out)

Contents

Live

失くした手足求め彷徨う胴体_3
- 4way Split "Two" レコ発‐

2019.12.1 (sun)

@ 渋谷HOME

Open 18:00 / Start 18:30

Adv ¥2000 / Door ¥2500

Acts: Pale , nhomme , 冬蟲夏草 , 明日の叙景

取り置き受付:4way1101[@]gmail.com

Artists